白内障の疑問記事一覧

白内障手術は、今ある水晶体を取り除き、その部分に「眼内レンズ」というものを装着しますが、眼内レンズには、多焦点眼内レンズ、単焦点眼内レンズと2種類あります。ここでは、多焦点眼内レンズについてお話していきます。よく見えるのはどっち?「多焦点眼内レンズ」は、きちんと検査をして、正しい選択・手術を行うことによって、めがねを必要とする頻度が少なくなります。人によっては、めがねを利用しなくても日常生活を送る...

白内障手術を検討している場合、気になるのが手術費用です。ここでは、白内障手術に掛かる保険適用での費用などについてお話していきます。術後にめがねを作る費用白内障手術は、濁ってしまった水晶体を取り除いて眼内レンズを挿入しますが、術後は眼のピントを合わせることが難しくなるので、めがねが手放せなくなります。多焦点眼内レンズを使用する場合は、めがねを使用する頻度が減るものの、めがねが全くいらない生活とまでは...

白内障手術は、総合病院や大学病院だけでなく、近隣の眼科でも行われている大変ポピュラーな手術ですが、100%安全な手術なのかというと、決してそうではありません。ここでは、白内障の手術中に起きる可能性のあるリスクについてお話していきます。後嚢破損、硝子体脱出、水晶体核落下白内障手術は、たんぱく質の変質によって白く濁ってしまった水晶体を取り除き、眼内レンズを装着します。水晶体の裏側には「後嚢(こうのう)...

白内障手術は、ポピュラーな目の手術ではあるものの、リスクが0ではなく、術後であっても起きる可能性のあるリスクがあります。ここでは、白内障の手術後に起きる可能性のあるリスクについてお話していきます。後発白内障後発白内障は、白内障手術の後に、手術で装着した眼内レンズを固定している後嚢(こうのう)が濁ってきて、手術前のように再び視界が霞んできてしまう合併症です。後発白内障の症状が見られた場合は、レーザー...

白内障手術に欠かせないのが「眼内レンズ」と呼ばれるレンズです。とはいえ、人工的なものを目に入れても大丈夫なのでしょうか。柔らかいアクリル製眼内レンズは、目がレンズの役割をする「工学部」と呼ばれる5〜7mm程度の大きさの部分と、「指示部」と呼ばれる部分があります。「指示部」は、目の中で動かず安定するよう設けられた台座のもような役割を果たしている部分です。眼内レンズは工学部よりも大きいため、白内障手術...

病院を受診して問診が終わったら、実際に白内障なのかどうか、他に目の病気がないかといったことを知るために、色々な検査が行われます。ここでは、白内障検査についてお話していきます。視力検査裸眼の視力、めがねまたはコンタクトレンズで矯正したときの視力の両方を測定します。受診する際は必ず、いつも使用しているめがねやコンタクトレンズを持っていきましょう。この際、めがねをかけて矯正しているときの視力が悪い場合、...

白内障は、症状が進行していってしまうと、白内障以外の病気を併発してしまうこともあります。目は一生付き合っていく大事な器官ですから、少しでも気になる症状がある場合は、眼科を受診して治療が必要であれば、適切な治療を受ける必要があります。ここでは、白内障はどんな治療をするのかお話していきます。白内障の治療白内障の治療は、・経過観察・薬物療法・手術といった3つの治療法があります。白内障は、発症まもなく視力...

白内障は、年齢を重ねることでそのリスクが上がります。80代の方であれば、何かしら白内障の症状が出てくる人が増えますが、年齢に関係なく、白内障を発症することもあります。きちんと治療すれば失明の心配はない白内障は、一度発症してしまうと、薬を飲んで治すといった治療が行えません。白内障と診断された場合、症状が軽ければ経過治療として様子を見ながら定期的に眼科で受診をする必要があり、その都度、目の状態に応じた...

白内障手術を受ける前にレーシック手術を受けた経験がある人もいるでしょう。もし、そのような手術経験があっても、白内障手術を受けることは可能といえますが、その際にいくつか注意することがあります。ここでは、白内障手術前にレーシック手術を受けている場合の注意点などをお話していきます。過去にレーシック手術を受けた以前、レーシック手術を受けた経験がある人でも、白内障の手術を受けることは可能ですが、注意すべき点...

白内障手術の場合、元々乱視が強い人、近視の人は、これらが改善されずに残ってしまうことがあり、思ったように視力が回復しないなど、術後に再矯正としてレーシックを行う方もいます。白内障手術の後のレーシック手術白内障手術の後に、視力が不十分で日常生活に支障を来たす場合、レーシック手術を行って視力矯正を行うことも出来ます。白内障は、目の水晶体の中にあるたんぱく質が変質(酸化)してしまい、透明だった水晶体が白...

現在の白内障手術は、日帰りでも受けることが出来るなど、患者の身体に負担が少ない手術となっていますが、手術後の翌日からしばらくは、目の検査のために定期的に通院をする必要があります。自宅・職場から通いやすい病院を白内障手術を受けた後は、定期的な受診が必要になるため、通いやすいように家や職場から近い・通いやすい病院を選びましょう。白内障手術では、水晶体の中のたんぱく質の変質によって白く濁ってしまった水晶...

白内障手術を受ける場合、病院選びを慎重に行うと思いますが、何よりも一番重要なポイントは、「執刀医の選び方」にあります。日本全国に眼科専門医は沢山いるものの、その全ての医師が白内障手術を得意としているのか、熟練の技術を持っているのかというと、決してそうではありません。白内障手術の医師を選ぶポイント白内障手術を行う医師は、眼科専門医です。しかし、現在日本にいる眼科専門医の全てが、白内障手術を確実に正確...

白内障の治療を検討している場合、どなたも病院選びをすることと思いますが、「○○で有名な病院」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。白内障もそのひとつで、白内障治療で有名な病院といった検索の仕方をすると思います。白内障の専門病院はあるのか残念ながら、現在のところ「白内障だけの専門病院」というものは存在しないものの、白内障治療の名医と呼ばれる有名な医師が在籍している病院というものは、あります。...

もし、あなたが風邪をひくなどして体調を崩したとき、虫歯が出来て歯の治療に通うなどした場合、いつも同じ病院で同じ医師に診てもらっていると思います。白内障の治療もそれと同じで、かかりつけの医師を持っておくと心強いです。信頼のおけるかかりつけ医師をそもそも「かかりつけ医」というのは、少し体調が悪いといった程度でも気軽に診療してもらえたり、体調面で不安なことがあっても気楽に相談することが出来るかお馴染みの...

白内障であると診断されても、日常生活に支障がない場合は、すぐに治療を行わず様子を見る経過観察や、進行を抑制する作用のある点眼薬を利用して薬物治療を行います。白内障手術を受けるタイミングは?白内障は、日常生活を送ることが困難になった場合、手術が必要になります。もし、物が霞んで見えたり光が眩しいと感じるなど、白内障の症状が進行して普通に生活を送るのが不便だと感じる機会が増えてきた場合は、そのときが白内...

白内障の手術方法は、目の中にある水晶体が白く濁ってしまい視力が低下するため、それを取り除き、代わりに眼内レンズという人工レンズを挿入するという手術です。主に「超音波乳化吸引術」と「水晶体嚢外摘出術」のふたつがあります。超音波乳化吸引術「超音波乳化吸引術」は、濁った水晶体を超音波で砕いて取り除く手術です。角膜に3mm程度の創口を作り、その部分に超音波を発する機器を挿入したら、水晶体の中を粉砕し乳化さ...